炭火焙煎珈琲工房 南蛮屋

炭火焙煎コーヒー 南蛮屋
メディア紹介情報

南蛮屋 伊勢原店

住所:〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台1-12-3
電話 / FAX:0463-96-1400
営業時間:10:30〜19:00 定休日:毎週 水曜日(祝日の場合は営業)
>伊勢原店・スタッフ募集中!

地図はこちら

伊勢原店は平成18年7月7日にOPENした16番目の直営店です。店構えからすると、陶器屋さん?はたまた雑貨屋さん?いやいや喫茶店でしょ?と思われる方も。正解は「コーヒーの専門店」なのですが、コーヒーだけではなく紅茶やハーブティー、さらには器や小物そしてそれらが調和した時間や雰囲気全てを楽しめるお店、それが南蛮屋です。
南蛮屋初心者さんにも、南蛮屋フリークさんにも来る度に「自分だけの宝物」を見つけて貰えるようなお店作りを目指してます!是非「宝探し」をする気分でご来店下さい!
お待ちしておりま〜す(^^)

チーフ 三浦 万里

南蛮屋 伊勢原店チーフ

南蛮屋 伊勢原店 の最新情報

RSS

2016年03月25日

阿里山台湾産地レポート

三月上旬、南蛮屋では初めてとなる台湾のコーヒー農園視察に行って来ました。
気温はちょうどゴールデンウィークぐらいで山の中でも快適でした。

三つの農園を廻りましたが最初の農園ではコーヒーチェリーの手摘みお手伝いを!
農園の方も一粒ずつ熟した実を素早くかつ丁寧に摘んでいました。
お手伝いの合間に一粒のコーヒーチェリーを口にしてみました。さくらんぼほどの果肉感はありませんでしたが甘く、コーヒーがフルーツだと改めて実感する体験でした。

コーヒーチェリー

コーヒーチェリー

コーヒーチェリー


外での視察を終えて、いよいよ阿里山コーヒーのカッピング(コーヒーの持つ味わいを評価・表現すること)。
ここでは阿里山で収穫されたコーヒー9種類をカッピングすることが出来ました。
精製方法の違いや標高の違いでコーヒーの持つ個性も多様に変わります♪
みんなの評価も様々で、思い思いにコーヒーを表現するのはまた楽しいものです。

阿里山コーヒーのカッピング


二つ目の農園では、竹藪を切り開いた斜面で栽培されているコーヒーの木を見ることが出来ました。

台湾は台風の多い地域なので山の斜面での栽培は大変そうな印象も。

余談ですがこちらの農園では、コーヒー以外にも『わさび』の栽培をしていましたよ!
お昼ご飯に阿里山産の豆腐にわさびを塗った『わさび豆腐』を食べたのですが、阿里山わさびも美味しかったです!

三つ目の農園では、桜とコーヒーの木のコラボ風景が!
(桜の木の向こうに見える木がコーヒーの木です)

こちらでは4つの区画からなる畑の一つに、1年目の可愛いイエローティピカ種という品種の苗木が植えられていました。無事に大きくなぁれ!と願いつつシャッターを!
他のコーヒーの畑には面白いことに落花生の殻が敷き詰められていて「コーヒーの苗木にとっていい状態で、雑草対策にもなる」とのお話でした。

落花生の殻が敷き詰められたコーヒー畑

イエローティピカ種のコーヒーの苗木


今回初めて阿里山コーヒー農園視察という体験をさせていただきましたが、どの農園の方も阿里山の地形・風土にあったコーヒーを生み出すために栽培方法を工夫し、愛情を持って育てている姿に感銘を受けました。
この視察でお世話になったサイモンさんと農園の方々に改めて感謝いたします。ありがとうございました。


♪ちょっとおまけに♪

萬應白花油

こちらのオイル『萬應白花油』。
台湾では万能薬としてよく使われているオイルで、コーヒー農園を案内をしてくれていたサイモンさんが蚊に刺されたときにつけていました。主要成分がウインターグリーンオイルと薄荷油とユーカリオイルなので香りも爽快!
調べてみると虫刺され以外に 鼻づまり・頭痛・乗り物酔い・消炎殺菌・などにも。
連日の車での移動で車酔いに悩まされていた私にはまさに救世主!
早速購入しその後の旅のお供に(*^_^*)今でもポーチに入れて持ち歩いてますよ!!

南蛮屋
 
このページのトップへ