炭火焙煎珈琲工房 南蛮屋

炭火焙煎コーヒー 南蛮屋
メディア紹介情報

最新情報

RSS

2016年03月31日

量り売りコーヒー豆に新銘柄『ケニア ジャングルエステート』が仲間入り!

このたび量り売りコーヒー豆に新銘柄「ケニア ジャングルエステート」が仲間入りしました!肥沃な大地で育った果実感溢れるコーヒー豆をフルシティローストで仕上げました。


炭火焙煎コーヒー豆『ケニア ジャングルエステート』
100g 税込1,026円(税抜950円) [新発売]

炭火焙煎コーヒー豆『ケニア ジャングルエステート』炭火焙煎コーヒー豆『ケニア ジャングルエステート』味わいグラフ


フルーツジャムを思わせる深く甘い濃厚なコク
まず口に含むと華やかで甘い香りと熟した果実、フルーツジャムを思わせる深く甘い濃厚なコクが一杯に広がります。そして液温が下がるごとに透明感を増し、甘味をより強く感じるようになります。いつまでも残る深い甘みと果実感溢れる風味は、ケニア特有のテロワールが生み出す世界が認める産地特性です。フルシティローストで仕上げることで、濃厚な甘いコクをより引き出しました。

コーヒー栽培に適した肥沃な土壌
1920年代に設立された歴史ある農園「ジャングルエステート」。最も品質の高いコーヒーを産出するエリアとして名高いケニア山麓のニエリ地区にあります。ジャングルという名は当時の農園周辺の自然環境が由来となっています。またこのエリアの土壌は非常に肥沃で、気温も10〜28度と標高の高さからなる昼夜の寒暖差も大きく、まさにコーヒー栽培に最適ともいえる環境といえます。


▼南蛮屋 焙煎士&ブレンダー 村松による 味わいの評価

南蛮屋 焙煎士&ブレンダー 村松[ 香り ] アプリコットジャム、ジャスミン、ミルクチョコレート、パッションフルーツ、ナッツなど、甘さとフルーティーな香りが複雑に絡み合う。深煎り特有の香りの中に蜂蜜のような強い甘さも感じる。
 
[ 酸味 ] ストロベリーのような甘くジューシーな酸。この個性あふれる特有の甘味をもった強い酸は、深く煎ることにより丸くなる。ケニア山腹の標高による昼夜の寒暖差が生み出す良質な酸は、とにかく力強い。
 
[ 苦味 ] ビターチョコレートのような甘い苦味は優しい。強さはだけではない、しっとりと残る不思議な苦味。豊かなボディ感溢れる濃厚なコクと苦味のアタックが、優しく強く襲い掛かる。
 
[ コク ] 強く、深く、甘く、どこまでも豊か。フルーツジャムを思わせる重厚な甘味がアフターテイストに深く広がる。完熟した果実、熟成した赤ワインのような濃厚で甘いコクは強烈な個性。

南蛮屋


 
このページのトップへ